チャイルド・ファンドは説明責任を果たしていますか?

チャイルド・ファンドは、事業の透明性を保ち、ステークホルダーへの反応が迅速であり、確実な成果をもたらすことを目指している国際的な市民組織で構成されているプラットフォームであるアカウンタブル・ナウに加盟しています。さらに、チャイルド・ファンド・アライアンスの各メンバーは次の基準を維持し、準拠しなければなりません。:

プログラムの倫理規範:各メンバーは事業のモニタリングと説明責任について明確かつ誠実な規定と手続きを策定し、プロジェクトが子どもたちを対象としており、支援地域の人々のエンパワーメント、研修および活動への積極的な参加を奨励するものであることを保証する基準のもと、事業ができる限り効果的に実施しなければなりません。

子どものセーフガーディングポリシーに関するガイドライン:国連で定められた「子どもの権利条約」に沿って、コア・バリューと子どもたちの保護について規定しています。

資金調達に関する倫理規範:この基準により、効率性や管理費の最小化、基金と寄付金の適切な運用と、すべての募金活動、公的発表や広告における完全な正確性と真実性を保証します。

チャイルド・ファンド パス・イット・バックを管理するチャイルド・ファンド・オーストラリアは、オーストラリア国際開発評議会(ACFID)に加盟しており、ACFIDの行動規範に署名しています。加盟するメンバーは、この規範に基づいて高い基準の企業統治、公的説明責任および財務管理が義務付けられています。この説明責任を証明するものとして、チャイルド・ファンド・オーストラリアは外務貿易省(DFAT)から政府補助金の供与を受ける認可を取得しています。